筆おろし募集

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

筆おろし募集


童貞募集
「筆おろし募集でもしてみれば。お前みたいな可愛い男なら筆おろし募集したらすぐ相手をしてくれるおばさんに出会えるよ。」マジ、幼なじみの健二はムカつく。俺よりも早く童貞を卒業したことを自慢するし、俺よりも背が高いことも自慢するし、顔は悪いくせにマジムカつく。なんとかギャフンと出来ないかなと密かに思っている俺。
ある日、今日も彼女とデートすると言っている健二。ところが健二には彼女を一向に紹介してくれません。どんな相手か気になっていた俺は写メはないのと言ってもないと言われ今まで見たことがありませんでした。ところが奇跡が起こりました。彼女らしき女性と歩いている健二の姿を発見しその時に女性の顔も見えました。ぶっちゃけブス。これじゃ紹介したくないなと思ってしまいました。だけど彼女をよく見ると俺がバイトしている店のスタッフのアヤメということに気づきました。アヤメはバイトでやたら話しかけてちょっとうざいと思っていた女性。けれどもしかしたら俺に気があるから話しかけていたのか、これで健二の彼女を奪ったら仕返しになるのではないのか。だけど、アヤメは俺のタイプではないしどうしようかと悩んでいました。
数日後、バイト先でアヤメと会いました。そして俺に今度ランチしないと話しかけてきました。俺はアヤメに彼氏いないのかと尋ねると「いないよ。好きな男はいるよ。」「そうか。今日は仕事が忙しいからランチは今度ねと言って濁しました。そして、この話を健二に話すとアヤメという名前に反応。しかも、アヤメが俺を誘っているけどブスだから困るみたいな話をすると引きつった顔で誤魔化す健二。
数日後バイト先に健二が現れアヤメが俺に話しかけている姿を目撃。アヤメは気づいていません。
フェラ募集掲示板
プチ援募集

I BUILT MY SITE FOR FREE USING